債務整理と過払い金

 

過払い金とは、読んで字のごとく払い過ぎてしまったお金の事をいいます。
日本では、お金の貸付には利息制限法によって、借りる金額に合わせて利息制限が決められています。
元本が10万円未満の場合には、年利は20パーセント、元本が10万円以上で100万円未満の場合には、年利は18パーセント、元本が100万円以上の場合には、年利は15パーセントと決められていて、この金利を上回る場合った金利に対しては、支払わなくてもよいはずなのですが、出資法の制限金利が29.2パーセントだったので、利息制限法で決められた金額以上に支払ってしまっている方が大勢いました。

この利息制限法で定められた金利の支払いは、2010年6月の法改正までは一般的でしたが、法改正後には、さまざまなテレビや雑誌で過去に払い過ぎてしまった過払い金を請求する特集が組まれるなど、過去に多く支払ってしまったお金を取り返そうという流れが出来てきました。
また法改正後には、裁判を起こさなくても過払い金の請求を行う事が容易になった為、法改正前よりも過払い金請求に対するハードルは低くなっています。

また過払い金請求にはタイムリミットがあり、過払い金請求の時効は、取引終了時から10年と決まっている為、2015年現在、請求を行っている方がとても増えて来ています。
仮に裁判になったとしても、よっぽどの事が無い限り、請求が通りますので請求する方が増えて来ています。
ここで注意しなければいけないのが、借りている消費者金融が倒産した場合です。
2010年に大手の消費者金融だった武富士が倒産した事により、過払い金のほとんどが返済されなかった方が大勢いました。
この倒産も増えすぎた過払い金請求が原因だと言われています。

そこでこのサイトでは、過払い金請求についての情報を紹介させて頂きますので、これから過払い金の請求を行おうと考えている方は、是非、チェックしてください。